読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこちょびブログ

自分の好きな、最近見聞きした、漫画、アニメ、ゲーム等々紹介したり、だらだらと私見を並べていくブログです。

漫画「おやすみプンプン」

 

 こんばんは、今日私、にこちょびがほんの少し感想(私の考察を含む)を書かせて頂く漫画はおやすみプンプン

 

 浅野いにお様の作品で全13巻からなる漫画である。とても可愛いらしいものを想像しそうなタイトルだが中身はとんでもない話である。

 

 

f:id:nikotyobi:20170307211048j:plain

 

 少しだけ内容を説明させてもらうと

 

 主人公:プンプン

f:id:nikotyobi:20170307211740j:plain

 

 ヒロイン(?):愛子ちゃん

 

f:id:nikotyobi:20170307211815j:plain

 

 ヒロイン2(?):南条幸

 

f:id:nikotyobi:20170307221621j:plain

 

 

 登場人物が人間的に社会的に成長しながらお互いを求めて、文字通りお互いのすべてを求めて青春時代というか若き日を生きていくという話だ。

 

 主人公や主人公の親族は可愛らしいヒヨコのように描かれている。しかし愛子ちゃんやほかの人からはちゃんと人に見えている。作者様が読者に感情移入できるようにいかにも落書きで描いたようなキャラにしているのではと思う。

 それはなぜかと言うと、プンプンは自分の感情、状態の変化につれ見た目がガラッと変わってしまうからである。小学生時代から始まり、中学、高校、大学と進むにつれて見た目も何もかも変わっていった。

 

 漫画や小説など物語を見聞きしている時に読者は大抵主人公に自分の考えや感情を乗り映していると思う。そして自分の考えや感情と今読んでいる物の主人公の考え、感情が相容れない時その読者はこう思うのかもしれない「これは面白くない作品だ」これは私の考えで他の人たちが必ずしもそうとは限らない。

 

 ところで閑話休題、このおやすみプンプンという漫画は受け取り方、考察等が読む人々によって無限にあると思う。

 数度読み返した私の考察はヒヨコの姿のプンプンは素の感情、平和的な思考であり黒い時はそのまま黒い感情、ピラミッドの時は殻に閉じこもる八方美人ということではないかと思っている。

 実はこの漫画は”南条幸(なんじょうさち)”通称さっちゃんがプンプンに聞いた今までの物語を漫画にした物ではないかと思っている。最終巻にさっちゃんがプンプンにヒヨコの絵を、上の画像にある通りのプンプンを描いている。「三村が描いた落書き」と言葉も添えてあるが果たして本当にそうなのかはわからない。

 

 何をお伝えしたいかわからなくなってきたが、人の喜怒哀楽、欲望、失望、慟哭。多くは負の感情だが本当に素晴らしく適切に描き出している漫画だと思う。

本当に是非一度読んでみて欲しい。そしてできれば私にどう感じたかを教えてほしい!

文では語りきれないほど内容が濃い。それを考察を交えてとなるととんでもない行数になるだろう。本当にほんの少しになってしまったが最後にこの漫画で私が好きなセリフをご紹介する。プンプンの叔父の言葉

 

 「プンプン、君の死に場所はどこだい?その時君の命は燃えているかい?プンプン考えるんだ、そして悩め!そうやって自分の意志で選択するんだ。たとえなにもわからなかったとしても、わかろうと前に進んでいる限り、かろうじて自分は自分でいられるんだ。この退屈な日常も、くだらない景色も、作り変えられるのは自分だけなんだ。だからプンプン・・・・君が君でいる限り世界は君のものだ。」

 

 甥への莫大な愛の詰まった素晴らしい言葉だと思った。「君が君でいる限り、世界は君のものだ」本当にその通りだと思った。

 

 毎度のように稚拙な文ですが・・・・・それではまた。